リハビリについてはコチラ

首を温めるとあたたまるのは、なぜ?

首を温めると、あたたかいのはなぜ?
目次

首を温めるとあたたまるのは、なぜ?

こんにちは!
いつもご覧いただき、ありがとうございます。

寒くなってきましたね。
今年は特に、秋を通り越して、すぐに冬がきた感覚です。

本記事では、首を温めるとあたたまる理由を解説します。

防寒着の代表的なものに、「マフラー」があります。
ご存知の通り、首にまいて身体を温めます。

では、なぜ首を温めるのでしょうか?

実は、人間の体温調節に、血液の温度が深く関わっています。

血管には、「動脈」と「静脈」があります。
心臓から出る血管を「動脈」、心臓に入る血管を「静脈」と呼びます。

この動脈・静脈ともに全身をめぐります。
冷たい血液が全身に流れると体温は下がります。
反対に、温かい血液が全身に流れると、体温は上がります。

つまり、体温を上げるには、血液を温める必要があります。
温めることで効果がある血管の要素は、以下の3つです。

  1. 血管が大きい
  2. 表面にある
  3. 心臓に近い

この3つの要素を満たしている場所が、「首」の周囲なのです。
首には、脳の栄養血管として、大きな「頸動脈」が走行しています。
また、その隣には「頚静脈」が走行しており、この「頚静脈」はすぐに心臓に入ります。

頸動脈と頸静脈

心臓に入った血液は全身に送り出されます。

このような流れで、全身に温かい血液が流れるのです。

寒くてどうしようもない日は、ぜひお首を温めてみてくださいね。

↓スタッフ使用中↓


ご質問がある方は、下記からどうぞ。

折返しのお電話に使用いたします。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次