リハビリについてはコチラ

腰、股、膝が痛い人必見!理想的な寝方とは?

腰、股、膝が痛い人必見!理想的な寝方とは?
目次

腰、股、膝が痛い人必見!理想的な寝方とは?

こんにちは!
いつもご覧いただき、ありがとうございます。

寝てると、腰が痛みます。

腰痛が悪化しない寝方はありますか?

この疑問を解決します。

  • 本記事の内容

・寝方によって痛みが出る理由
・腰、股、膝に負担の少ない寝方とは?(画像あり)

腰、股、膝に負担の少ない寝方について、理解できます。

センター長

2分で読めるので、痛みの少ない寝方を知りたい方は、最後まで読んでみてください。

寝方によって痛みが出る理由

寝方によって痛みが出るのは、関節に負担が生じているから、です。

寝ている姿勢と言っても、関節に負担がないわけではありません。

特に、筋肉の硬さや関節の硬さがある場合は、寝ているだけで関節に負担がかかり、それが痛みにつながります。

例えば、反り腰で腰痛がある人では、仰向けで寝ても、腰が床から浮いてしまいます。

腰が浮くと、腰周囲の筋肉は過剰に収縮して、硬くなり、痛みの原因となるのです。

反り腰で寝ると、腰痛になる

今は反り腰を例にとりましたが、股関節や膝関節、肩においても同様の現象が考えられます。

そのため、痛みが出ない寝方とは、「関節の負担が少ない寝方」です。

続いて、関節の負担が少ない寝方を紹介します。

関節の負担が少ない寝方とは?(画像あり)

腰、股、膝が痛くならない寝方

理想の寝方は、A.枕を使うことです。

ただし、どんな枕でも良いわけではありません。

一番大切なのは、高さです。

膝と股関節が同じ高さになるような枕を選んでください。

なぜなら、枕の高さが低くても、高くても、関節に負担が生じるからです。

具体的には、膝が股関節より低い位置にあると、股関節は内側に入るストレスがかかります。

この場合、膝と股関節を同じ高さにすることで、股関節の負担はほとんどなくなるでしょう。

寝方に困っている方は、一度、枕(クッション)を探してみてくださいね。

ご質問がある方は、下記からどうぞ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次