リハビリ体験受け付け中

胃下垂を予防するための腹筋とは?!

胃下垂を予防するための腹筋
リハフィットのリハビリ体験
目次

胃下垂を予防するための腹筋とは?!

こんにちは!
いつもご覧いただき、ありがとうございます。

本記事では、胃下垂を予防するための、正しい腹筋を紹介いたします。

まずは、胃下垂を簡単に説明します。

胃下垂とは、胃が正常な位置より常に下がっている状態を指します。

胃下垂

自覚症状がないこともあります。
一方、胃部膨満感や上部腹痛、食後の胃のもたれやむかつきを感じることもあります。


「遠慮せず、もっと食べなよ!」


って言われても、胃下垂があると食べれない方もいるわけです。



胃下垂に対する予防は、大きくわけて3つあります。

  1. 規則正しい生活
  2. 腹筋を鍛える
  3. お薬

胃下垂は病気ではないため、無理やり治療をするのは一般的ではありません。

ただ、先程も述べたように胃部膨満感や腹痛など、日常生活で気になる症状があります。

そんな時は、①〜③を意識してみると良いでしょう。

①規則正しい生活

胃下垂の原因に、消化機能の低下があります。

消化機能の低下は、暴飲暴食・睡眠不足・ストレスなどで起こります。

緊張や嫌なことがあると、「胃が痛くなる」のは、まさに精神的ストレスです。

これを改善することで、胃下垂が改善できる可能性があります。

②腹筋を鍛える

胃が正常な位置より下がってしまうのは、胃を構造的に支えている組織が機能していないと言えます。

特に、腹筋や脂肪は胃が下がるのをおさえると言われています。

ただ、むやみに腹筋を行っても、胃下垂は改善しません。

腹筋には、「上部」と「下部」があります。

胃下垂へは、解剖学的に、「下部腹筋」を鍛えることが有効と考えられます。

下部腹筋を鍛えるトレーニングをしてみましょう。

③お薬

胃の機能が低下しているため、胃の機能を上げるお薬が効くこともあります。

ただ、一生飲み続けることになってしまう可能性があるので、できるだけ①と②で予防したいところです。

まとめ

自分は胃下垂かな?って思っても、胃下垂じゃない場合もあります。

気になる症状がある場合は、消化器内科に受診してみると良いでしょう。

胃下垂がある場合の腹筋は、「下部腹筋」を意識的にトレーニングしてみてくださいね。

ご質問がある方は、下記からどうぞ。

折返しのお電話に使用いたします。
リハフィットのリハビリ体験
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次