リハビリ体験受け付け中

五十肩になった後の経過

五十肩になった後の経過
リハフィットのリハビリ体験
目次

五十肩になった後の経過

こんにちは!
いつもご覧いただき、ありがとうございます。

本記事では、五十肩になった後の経過を解説します。

「五十肩」と診断されたけど、この先どうなるのだろう?

と、心配ですよね。一般的な五十肩の経過を説明していきます。

五十肩とは?

五十肩は、医学的には「肩関節周囲炎」と診断されます。

その名の通り、肩の周囲に炎症が生じている状態です。
炎症が生じており、肩が痛くて動かせないという症状が多いです。

五十肩の経過

五十肩には、3つの時期があります。

  1. 急性期
  2. 凍結期
  3. 解凍期

と呼ばれています。
それぞれを説明します。

急性期

五十肩になった後の経過

痛い時期です。
安静にしていても、痛みます。
夜間時痛といって、夜安静にしていても痛みが生じる場合もあります。

このときは、とにかく「肩を動かすのは控える」のが重要です。
炎症が生じているので、動かしても炎症が悪化するだけです。

お薬や注射が適応となります。

凍結期(とうけつき)

初めて聞く方も多いのではないでしょうか?
要は、肩が固まる時期だと覚えておいてください。

「凍結期」では、強い痛みが和らぎます。

ただ、完全に痛みが消失したわけではありません。
動かすと痛みが出たり、肩の動きが悪くなります。

この時期からリハビリが重要となってきます。
動きが悪いままの状態にしないよう、注意しましょう。

解凍期(かいとうき)

これも独特の言い方です。
「解凍期」では、動かすときの痛みも徐々に改善して、動きが少しずつ良くなっていきます。

リハビリを積極的に行って、肩の動きを改善していきます。
更に、低下した肩周囲の筋力トレーニングもしっかりと行っていきます。

五十肩の時期に応じた対応を

特に「急性期」「凍結期」では専門的な対処が必要です。

このときに誤った対応をすると、後遺症が残る可能性があります。

凍結期が長ければ長いほど、回復までには時間がかかります。

そのため、お早めに専門家にご相談くださいね。

ご質問がある方は、下記からどうぞ。

折返しのお電話に使用いたします。
リハフィットのリハビリ体験
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次