リハビリ体験受け付け中

下肢静脈瘤になると何が起きるの?放置していると何が問題?

下肢静脈瘤になると何が起きるの?放置していると何が問題?
リハフィットのリハビリ体験
目次

下肢静脈瘤になると何が起きるの?放置していると何が問題?

こんにちは!
いつもご覧いただき、ありがとうございます。

本記事では、下肢静脈瘤について解説します。

下肢静脈瘤という疾患を聞いたことはありますか?
実際に聞いたことはあっても、あると何が問題でどう対処すべきかわからないですよね。

そこで、下肢静脈瘤にどう対処すべきかを紹介します。

本記事を読むことで、下肢静脈瘤との向き合い方が理解できるようになります。

下肢静脈瘤とは?

下肢静脈瘤とは、足の静脈(心臓に戻る血管)に、こぶが出来ることです。

血管は、通常はまっすぐです。

それが、何かしらの原因によって、こぶが出来て膨らんでる箇所ができるのです。

この状態を「下肢静脈瘤」と呼びます。

下肢静脈瘤

下肢静脈瘤による問題

下肢静脈瘤の問題は、3つあります。

  1. 見た目が恥ずかしい
  2. 足のむくみ
  3. 皮膚の炎症に発展する可能性がある

①見た目が恥ずかしい

表面の血管にこぶができるので、ふくらはぎの表面などがボコボコしている見た目になります。
このボコボコを気にされる方は、多いです。

②足のむくみ

こぶができると、血液の流れは悪くなります。
血液の流れが悪くなると、足はむくみます。
足がむくむと、身体のだるさや足の重さなどの日常生活の質が下がります。

③皮膚の炎症

皮膚に湿疹が出来たり、重症な場合は潰瘍ができることがあります。
症状としては、かゆみや痛みにつながります。
潰瘍になると、感染や足の壊死につながる恐れがあります。

下肢静脈瘤への対処

以上から、放置していても問題はありません。
ただ、皮膚の炎症が生じた場合は、早急に治療をした方が良いです。

そのため、常に足の清潔さを保ち、足の観察することをオススメします。

見た目や足のむくみが気になる方は、手術を含めた治療もありますので、一度専門医を受診すると良いと思います。

専門的な順に、①血管外科、②心臓血管外科、③形成外科・皮膚科・一般外科、となります。
気になった方は、一度上記の専門科にご相談ください。

ご質問がある方は、下記からどうぞ。

折返しのお電話に使用いたします。
リハフィットのリハビリ体験
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次