リハビリ体験受け付け中

卵は1日1個までは迷信?卵の摂取を考える

1日の卵の摂取目安
リハフィットのリハビリ体験
目次

卵は1日1個までは迷信?卵の摂取を考える

こんにちは!
いつもご覧いただき、ありがとうございます。

本記事では、卵の摂取量について、考えてみたいと思います。

皆様も一度は、「卵は1日1個まで。それ以上食べると身体に悪い」

という事を聞いたことがありませんか?

では、実際はどう言われているのでしょうか?

本記事を読むことで、卵の摂取量に関する、現時点での解釈を学ぶことができます。

卵の摂取量

早速、結論です。

(前略)少なくとも循環器疾患予防(発症予防)の観点からは目標量(上限)を設けるのは難しいと考え、設定しないこととした。

日本人の食事摂取基準(2020)|厚生労働省 より

結論になってない!!って思いましたよね?

ただ、これが現時点での結論です。

どういうことか説明します。

大規模な研究では、卵の摂取と心臓病や脳卒中死亡率の間には、関係がないとされています。

「じゃあ、卵は問題ないで良いのでは?」

と、思いますよね。
実は、近年の個々の研究では、卵の摂取と心臓病や死亡率の間に、関係があるという報告も出ているそうです。

これらを踏まえて、厚生労働省としては、「卵の摂取量上限を決めるのは難しい」という結論を出したわけです。

ただ、最後の一文に、「コレステロール摂取量に上限がないと保証するものではない」と記載しています。

つまり、

卵摂取の上限は決めてないけど、決めてないからってたくさん食べて良いものではないんだよ。

という、回り道をした結論です。

では、卵の何が問題となっているかをみていきましょう。

卵に含まれるコレステロール

卵に含まれる成分

卵には、タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラルなどが豊富に含まれています。

特に卵のタンパク質は、タンパク質の優良性を示す「アミノ酸スコア」が、100(100点満点中)なのです。

アミノ酸スコアが100という事は、体内で合成できず、食事から摂る必要がある必須アミノ酸が豊富に含まれています。

では、課題となっているコレステロール。

厚生労働省の報告からは、脂質異常症の重症化予防の目的から、200mg/日未満に抑えるのが望ましいとされています。

平均的な大きさの卵1個につき、約250mgのコレステロールが含まれています。

つまり、脂質異常症の診断を受けている方は、卵の摂取量について、医師や栄養士に相談してみるのが良いと思います。

コレステロールが気になる方は、1日1個にとどめておくのが良いかもしれません。(0個にしちゃうと、他で優良なタンパク質をとるのが大変なので)

↓スタッフが使ってます↓

ご質問がある方は、下記からどうぞ。

折返しのお電話に使用いたします。
リハフィットのリハビリ体験
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次