リハビリについてはコチラ

坐骨神経痛は良くなるの?理学療法士の視点を公開!

坐骨神経は良くなるの?
目次

坐骨神経痛は良くなるの?理学療法士の視点を公開!

こんにちは!
いつもご覧いただき、ありがとうございます。

本記事では、坐骨神経痛が良くなるかについて、理学療法士の経験を踏まえて紹介します。

腰やお尻が痛くて、整形外科や接骨院に行って言われる診断名。

坐骨神経痛


この症状で悩んでいる方は、非常に多いです。

一方、理学療法士の視点からみると、工夫次第で改善の余地があると思っています。

本記事では、坐骨神経痛を説明した後、リハビリの効果について説明します。

本記事を読むことで、坐骨神経痛が良くなる可能性を知ることができます。

坐骨神経痛とは?

お尻から足につながる「坐骨神経」に沿って起こる痛みやしびれのことです。

痛みやしびれは、坐骨神経が支配している、お尻・ふとももの後面・ふくらはぎ・足の裏まで出現する場合があります。

痛みやしびれが強いときは、動くのも憂鬱になります。

何らかの原因がある場合も多く、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱菅狭窄症はその代表例です。

一方、原因が特定できない(医療では非特異的腰痛に分類)坐骨神経痛もあり、この場合は診断名が坐骨神経痛になります。

注意点は、原因が特定された場合でも、原因疾患を根治させるのは難しい場合もある点です。

坐骨神経痛に対する治療

腰痛診療の指針を示す、腰痛診療ガイドライン2019から、治療をみてみます。

方法オススメ度
安静どちらでもない
活動維持どちらでもない(急性腰痛では推奨)
(種類によって)推奨
牽引行うことを弱く推奨
超音波行うことを弱く推奨

現時点では、お薬以外は、根拠があるとは言えません。

つまり、坐骨神経痛に対する効果的な治療は確立されておらず、
「色々なところ行ったけど、変わらないな−」
という状態に陥りやすいのです。

坐骨神経に対するリハビリ

坐骨神経周囲の筋をほぐす

リハビリでは、神経そのものにアプローチするわけではなく、坐骨神経周囲の筋肉に対してアプローチを実施します。

非特異的腰痛の坐骨神経痛では、以下のような原因であることが多いです。

原因は、坐骨神経の近くにある筋肉が硬くなり、神経を圧迫することです。

この硬くなった筋肉による圧迫で、坐骨神経痛が出現します。

そのため、硬くなった筋肉を柔らかくすることで、神経の圧迫が軽減します。

神経の圧迫が軽減して、坐骨神経痛がおさまるというわけです。

具体的には、筋肉を柔らかくするために、マッサージやストレッチを実施します。

ただ、適切に行わないと、逆に坐骨神経痛が悪化する場合もあります。

そのため、マッサージやストレッチを行う際は、信頼できるところで施術を受けてみてくださいね。

ご質問がある方は、下記からどうぞ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次