リハビリについてはコチラ

りんごで痩せるは本当?気になるりんごを徹底分析!

りんごで痩せるは本当?
目次

りんごで痩せるは本当?気になるりんごを徹底分析!

こんにちは!
いつもご覧いただき、ありがとうございます。

りんごはダイエットに良いと聞いたんだけど、本当に痩せるの?あと、食べるタイミングはいつがベスト?

こんな疑問を解決します。

  • 本記事の内容

・りんごの成分
・りんごで痩せるわけではない理由
・りんごを食べるタイミング

りんごに対する理解が深まって、健康をつかむことができますよ。

リハフィット    センター長

3分で読めるので、りんごで健康を目指したい方は、最後まで読んでみてください。

りんごの成分

まずは、りんごの成分をご紹介します。

りんご、皮付き、生(果肉100g当たり)
エネルギー61kcal
水分83.1g
タンパク質0.2g
脂質0.3g
炭水化物16.2g
-単糖当量13.1g
-食物繊維1.9g
カリウム120mg
カルシウム4mg
マグネシウム5mg
リン12mg
β-カロテン当量 27μg
ビタミンC6mg

日本食品標準成分表

りんご1個(250g)あたり、約150kcalです。

りんご1個を全て食べても、低カロリーに抑えられる点から、ダイエットで注目されています。

りんごで痩せるわけではない理由

りんごで痩せる?

前述した通り、低カロリーではありますが、1点ダイエットにとっての課題があります。

それは、糖質の量です。

りんごには100gあたり、13.1g、1個(250g)あたり、約33gの糖質が含まれています。

糖質は、血糖値の急上昇につながり、血糖値の急上昇は肥満の原因と考えられています。

そのため、りんごの糖質は、ダイエットにとっては難敵なのです。

なお、白米が1杯のお茶碗(100g)で約36gなので、りんご1個食べるとご飯1人前と同じ糖質量になってしまいます。

そのため、りんごをデザートやおやつとして食べている方は、おやつにお茶碗1杯と同じ量を食べてることになります。

恐ろしいですよね。

りんごを食べるタイミング

そうは言っても、りんごにはカリウムやビタミンCなど、健康や美容に良い栄養素が含まれています。

そのため、りんごを食べるタイミングを工夫しましょう。

間食として食べるのは、NG。

なぜなら、空腹時にりんごを食べることで血糖値が急上昇するからです。

そのため、ダイエットのお供として食べるなら、食後のデザートとして、8等分したものを食べるくらいが丁度良いと思います。

りんごは美味しいですし、健康や美容に良い成分もたくさんあります。

上手に付き合っていきましょう。


ちなみに…りんごに詳しすぎるサイトを発見しました!
りんごを深めたい方は、ぜひ!

青森県りんご対策協議会

ご質問がある方は、下記からどうぞ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次