リハビリについてはコチラ

コーヒーは美味しい上に、健康的なのは本当?

コーヒーは美味しい上に、健康的なのは本当?
目次

コーヒーは美味しい上に、健康的なのは本当?

こんにちは!
いつもご覧いただき、ありがとうございます。

コーヒーが大好きで、毎日飲んでいます。

コーヒーは健康に良いって聞くけど、実際はどうなの?

この疑問を解決します。

  • 本記事の内容

・コーヒーに含まれる成分
・コーヒーを飲むことで得られる効果

コーヒーに含まれている成分が、身体にどんな影響をもたらすのか理解できます。

センター長

2分で読めるので、コーヒーで健康を手に入れたい方は、最後まで読んでみてください。

コーヒーに含まれる成分

コーヒーの成分は、以下です。

コーヒーに含まれる成分

全日本コーヒー協会より引用

この中でも、健康に良いと着目されているのが、「カフェイン」と「ポリフェノール」です。

コーヒーを飲むことで得られる効果

コーヒーに含まれるカフェインとポリフェノール

「カフェイン」と「ポリフェノール」の効果を、それぞれ紹介します。

  • カフェイン

・覚醒作用
・血管拡張作用
・胃酸分泌作用

カフェインの覚醒作用は、古くから言われており、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

一方、胃酸分泌作用がある点は、注意が必要です。

コーヒーを飲みすぎると、胃酸の分泌が過剰になって、胃が荒れる原因になるからです。

  • ポリフェノール

・抗酸化作用
・抗菌性、抗ウイルス活性
・抗ガン作用

実は、コーヒーは、カフェインよりもポリフェノールの方が多いのです。

たくさんの研究を集めて解析した報告(メタ分析)では、総死亡リスク、循環器疾患、2型糖尿病、肝臓がんなどのリスクと低下と関連するとしています。

この効果は、カフェインレスコーヒーでもほぼ同じだったため、ポリフェノールの影響だと考えられています。

一方、コーヒーの飲みすぎによる健康被害の報告も少なからずあります。

上限はまだ確立されていませんが、おおよそ1日マグカップで3杯までであれば、問題ないだろうと言われています。

ただ、これはカフェインの量を反映しているので、コーヒーの他にお茶やエナジードリンク等のカフェインを飲料される方は、トータルで考えてみてくださいね。

ちなみに、スタッフは毎朝飲んで、スッキリ健康生活を送っています。

<参考>
福島 洋一:カフェイン コーヒーと茶の機能性と新たな展望.化学と生物 Vol. 59, No. 4, 20

厚生労働省:食品に含まれるカフェインの過剰摂取についてQ&A ~カフェインの過剰摂取に注意しましょう~

↓スタッフの愛飲の「マイルドカルディ」↓(厳密には、お店で豆を挽いてもらってます)

ご質問がある方は、下記からどうぞ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次