リハビリ体験受け付け中

膝の手術後に、感覚がもどらない理由

リハフィットのリハビリ体験
目次

膝の手術後に、感覚がもどらない理由

こんにちは!
いつもご覧いただき、ありがとうございます。

本記事では、膝の手術後に、感覚がもどらない理由を解説します。

リハフィットには、整形外科手術後にリハビリのために通われる方も多いです。
その中で、特に膝関節の手術後に、

「膝周囲の感覚がもどらない」
「膝周囲の感覚が違和感」

という声も良く聞かれます。

これに関する理由を解説します。

  • この感覚の違和感を、本記事では「感覚障害」を呼びます。

感覚障害が起きる理由は、手術する際に神経を損傷しているから、です。

手術のミスではなく、皮膚を切開しているので、ある程度やむを得ません。

特に言われている神経は、「伏在神経膝蓋下枝」です。
正式名称を知らなくても、膝の表面の神経と思ってもられば十分です。

では、感覚障害はこのまま一生続くのか?と心配になります。


これに関しては、両方の経過をたどります。
半年〜1年以上かけて、徐々に感覚障害が改善していく場合と、感覚障害が残る場合があります。

自然回復していくと言われていますが、感覚障害が残る人が圧倒的に多い印象です。

そのため、感覚障害が残ったとしても、

「私は異常なのかな…」
思う必要は全くありません!

手術後に同じ感覚障害で悩んでる人は、たくさんいるからです。


最後に1つ注意点があります。

それは、切開した皮膚とは違う場所(足裏やふくらはぎ)に感覚障害が起きた場合は、他の原因が考えられます。
放おっておくと、生活に困るような後遺症になる可能性もあるので、早急に受診しましょう。

その他にも、気になった点は、主治医にご相談ください。

ご質問がある方は、下記からどうぞ。

折返しのお電話に使用いたします。
リハフィットのリハビリ体験
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次