リハビリ体験受け付け中

喫煙と肥満は、どちらからやめるべき?!

喫煙と肥満は、どちらからやめるべき?!
リハフィットのリハビリ体験
目次

喫煙と肥満は、どちらからやめるべき?!

こんにちは!
いつもご覧いただき、ありがとうございます。

心臓の手術をして、医師からタバコを辞めるように何度も言われてるんだ。

だけど、タバコを辞めるとすごく太ってしまった友達もいて…

太ったとしても、タバコは辞めた方が良いの?

この疑問を解決します。

  • 本記事の内容

・喫煙と肥満で心臓病になる確率は変わるか
・元になる研究を紹介

本記事を読むことで、心臓病予防へ向け、まず行うべき対策を理解できます。

センター長

1分で読めるので、心臓病の原因が知りたい方は、最後まで読んでみてください。

喫煙と肥満で心臓病になる確率は変わるか

喫煙者は心臓病リスクが高い

まず、結論です。

肥満よりも、喫煙者の方が、心筋梗塞を発症する確率が高い。

肥満、喫煙とともに、辞められるのであれば、それが理想です。

ただ、難しいのであれば、まずは禁煙から始めることをオススメします。

元になる研究を紹介

イスラエルのチームの研究です。

40〜74歳の、約74万人を対象としています。

2009年までに心筋梗塞を発症していない方に対して、2011年の1年間経過を追いました。



結果は、過去の喫煙者で約1.5倍、現在の喫煙者で約2.4倍の確率で、心筋梗塞発症のリスクがありました。

一方、肥満者は喫煙グループと組み合わせた場合、心筋梗塞発症リスクを上昇させませんでした。

代表

この研究では、肥満はBMIで30以上とされてます。



この結果から、心筋梗塞発症のリスクを少しでも下げるために、ダイエットよりも、禁煙を先に始めた方が良いと考えられます。

<参考文献>
Dror Dicker , et al.Obesity or smoking: Which factor contributes more to the incidence of myocardial infarction?.Eur J Intern Med 2016:32:43-6.

ご質問がある方は、下記からどうぞ。

折返しのお電話に使用いたします。
リハフィットのリハビリ体験
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次