リハビリについてはコチラ

【画像で解説】今すぐできる脳卒中後の腕と肩の痛みに対する対処法

【画像で解説】今すぐできる脳卒中後の腕と肩の痛みに対する対処法
目次

【画像で解説】今すぐできる脳卒中後の腕と肩の痛みに対する対処法

こんにちは!
いつもご覧いただき、ありがとうございます。

脳梗塞になって、腕や肩を動かすと痛くて…

なにか対処法はありますか?

この疑問を解決します。

  • 本記事の内容

・脳卒中の腕や肩の痛みの原因
・すぐに出来る腕や肩の痛みへの対処法
・三角巾の付け方

本記事を読むことで、脳卒中の腕や肩の痛みの原因を知った上で、対処法が理解できます。

センター長

2分で読めるので、腕や肩の痛みへの対処法を知りたい方は、最後まで読んでみてください。

脳卒中の腕や肩の痛みの原因

脳卒中の腕や肩の痛みの原因

脳卒中後に生じる、腕や肩の痛みの原因は、大きく3つにわけられます。

① 脳卒中による感覚障害② 筋肉や関節の痛み③ 打撲による痛み、です。

順番に説明していきます。

脳卒中による感覚障害

脳の中には、感覚を受け取る部位があり、この部位が損傷することで、感覚障害が生じます。

感覚障害は、「しびれ」「鈍麻(=触られてる感覚が分かりづらいまたは、全く分からない)」に加えて、「痛み」もその一つです。

例えば、脳の感覚の中継核と言われる、「視床」

視床の損傷があった場合、「視床痛」と呼ばれる、昼夜ともに痛みが続いたり、少しの触られた刺激が激痛と感じるような症状が出現します。

この視床痛に代表されるような、脳の損傷によって起こる感覚障害が痛みの原因となります。

② 筋肉や関節の痛み

脳卒中後遺症の主な症状である、「麻痺」。

麻痺によって、身体を支えるための筋肉がうまく働きません。

筋肉がうまく働かないことによって、無理して動かしたり、動かさずに関節が硬くなってしまって生じる痛みがあります。


例えば、肩関節の亜脱臼は代表的な症状です。

肩の周りの筋肉が麻痺することで、腕の重さを支えることができずに、肩が少しはずれたような状態となります。

亜脱臼自体が痛みを出しているわけではないですが、亜脱臼によって関節が正常とは異なった位置にあるまま、関節を動かすことで筋肉や関節の痛みが出現しています。

③ 打撲による痛み

最後は、意外と見落としやすい、打撲による痛みです。

脳卒中後遺症の方は、「麻痺」や「感覚障害」によって、適切な位置で関節を安定させることができません。

そのため、寝返りのときに「腕を忘れる」ことや、歩いていて「腕をぶつける」ことを頻回に行ってしまいます。

これを繰り返すことで、痛みが生じています。



以上の3つが、脳卒中後遺症で腕や肩が痛くなる原因です。

次に、対処法を説明します。

すぐに出来る肩や腕の痛みへの対処法

三角巾で固定する

今すぐに出来る、肩や腕の痛みへの対処法は、「腕を(ある程度)固定する」ことです。


「固定すると、関節がかたまって良くないのでは?」

との考えもありますよね。


でも、痛みがある方が、関節がより硬くなってしまいます。

痛みがない状態で、固定した方が、むしろ動きが出やすいです。

それくらい、「痛み」は慎重に考えた方が良いです。


その上で、固定に適した物品は、「三角巾」「アームスリング」です。

それぞれにメリットとデメリットがあります。

三角巾アームスリング
固定性
装着しやすさ

きちんとつけられれば、三角巾が良いですが、難しい場合はアームスリングでも問題ありません。

三角巾の付け方

三角巾の付け方をご紹介します。

STEP
ドラッグストアなどで売っている「三角巾」を準備します。
三角巾
STEP
肘から手首までの長さに合わせて、端を結びます。
三角巾の端を結ぶ
STEP
結んだ側が肘になるように合わせます。
結んだ側が肘にくるように合わせる
STEP
肩を覆うように三角巾を腕に沿わせます。
肩を覆うように三角巾を腕に沿わせる
STEP
腕がしっかりと固定されていれば完成です。

一人では、装着できないので、ご家族や介護者が装着します。

麻痺があるため、腕を持ちながら装着するのに多少の技術を要します。

難しい場合は、アームスリングで対応しましょう。


病院でも使用されているアームスリングはコチラ↓

まとめ

脳卒中後遺症の腕と肩の痛みと対処法について、解説しました。

腕と肩の痛みの原因は、① 脳卒中による感覚障害② 筋肉や関節の痛み③ 打撲による痛みの3つ。

この3つを予防・改善するために、三角巾(アームスリング)は有効。

三角巾は装着がやや難しいので、その場合はアームスリングを使用する。


付け方が分かりづらい場合は、お気軽にご相談ください。

腕や肩の痛み、麻痺でお困りの方は、リハビリをご利用ください。

リハビリ申し込みはコチラ

ご質問がある方は、下記からどうぞ。

折返しのお電話に使用いたします。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次